毎月の活動記録     令和2年3月(編集中)

令和2年3月3日(火) みどりの森植栽地整備

獣害に遭っているコバノミツバツツジの補植のヤマブキ180本を植えるための穴掘りをしました。補植用ヤマブキ200本の苗木は三菱UFJ環境財団の支援を受けました。みどりの森に180本、大谷川源流左岸に20本を植えることにしています。


令和2年3月5日(木) 植樹祭使用の木材の製材

今年1月に受領した平成元年度の植樹祭使用の木材(ムク材t1.2X5本、コンパネt2.4x5枚)の製材を

行いました。一部は東海記念病院に設置するテーブル、ベンチに利用します。


令和2年3月6日(金) みどりの森活動

ヤマブキ180本の補植の準備として、穴掘りと客土配りを行いました。
獣害対策として寒冷紗での目隠しが有効だということなので竹柵に1mの高さで寒冷紗を貼り付けることにしました。東海記念病院に設置する花壇用材料の加工もおこないました。


令和2年3月9日(月) 癒しの花壇活動とヤマブキ植樹

花壇の草取りと大谷川源流左岸植樹地へのヤマブキの補植をしました。

大谷川源流左岸には平成19年に三菱UFJ環境財団の支援で野生種を中心に500本の苗木を植樹しました。 タニウツギの半数近くが数年前から枯れ始めたので、補植をすることにしました。三菱UFJ環境財団の支援を受けたヤマブキの苗木200本の内20本をを補植しました。


令和2年3月13日(金) みどりの森ヤマブキ植樹

みどりの森にヤマブキ180本を補植しました。学生ボランティア米田さん参加しました。(名古屋YMCAの野外活動に協力して植樹体験を行う計画は新型コロナウィルス感染症の影響で中止)

ヤマブキの苗木は三菱UFJ環境財団の支援を受けました。


令和2年3月17日(火) みどりの森活動

東海記念病院に設置するテーブル・ベンチ・花壇用材料の加工と、獣害対策として寒冷紗の貼り付けを引き続き行ないました。


令和2年3月20日(金) みどりの森活動

東海記念病院への設置品の加工と、獣害対策を引き続き行ない、さらに愛知県緑化センターで木工教室用の竹の加工も行いました。


令和2年3月

ヤマブキ


令和2年3月31日(火) 定例会議

「定例会議」参照