森林の活動

間伐          01、癒しの森づくり
02、間伐支援隊
植樹 03、みろくの森どんぐり植樹と育樹                
04、頓明公園アオダモ植樹と育樹     
05、頓明どんぐり植樹と育樹
06、大谷川源流左岸植樹と育樹
07、大谷川左岸庄名町植樹と育樹
08、みどりの森づくり

活動場所は活動Mapに表示しています。


01、癒しの森づくり  (マップ

春日井市東部丘陵地の県有林(通称みろくの森)で県有林野における利活用を目的に、平成16年より愛知県県有林事務所と「県有林野における活動に関する協定」を結び、3年ごとの更新で現在7haの人工林の間伐、下刈、枝打ちを行っています 。

 [間伐体験] 

平成21年からは、愛知県農林水産事務所林務課の協力で、「間伐・枝打ち体験」、「除伐体験」として、一般公募の参加者と行なっています。

 [枝打ち体験] 

みろくの森は愛知県の県有林で、尾張地域の山林で数少ない環境保全保安林です。

今、森林浴を健康増進やストレス解消などに役立てる「森林浴セラピー」の研究が注目されている中、癒しの森づくりをめざした活動です。

 [除伐体験]

癒しの森づくり活動の記録→             活動MAP→


02、間伐支援隊  (マップ

みろくの森で「癒しの森づくり」に取り組む会のメンバー中心に間伐支援隊を結成して市外への間伐活動を行っています。

     [平成22年豊田市惣田町遠征]

間伐は、人工林のスギ、ヒノキばかりではなく、竹薮、雑木林の間伐も行っています。      [平成22年岐阜県釜戸]

間伐支援隊活動の記録→               活動MAP→


03、みろくの森どんり植樹と育樹(マップ

みろくの森の東海豪雨崩落地に平成15年から18年まで4年間で1、000本のどんぐりの苗木を子供達と植樹、下刈等育樹を行っています。
この活動の目的は、崩壊した山を復旧すると共に、植林した落葉広葉樹(コナラ、アベマキ)の落ち葉が腐葉土になり保水力豊で、生物多様化した空間をつくることです。

      [崩壊地]     [どんぐり植樹祭] [緑が蘇った崩落地]


04、頓明公園アオダモ植樹と育樹(マップ

アオダモとはトネリコとも言われモクセイ科の温帯落葉広葉樹です。
我が国ではプロ野球や大学野球などで、木製バットに使用されていますが植林されていなかった為に資源の減少で、長期的に供給することが難しくなっています。
平成18年12月、19年1月、第1回、2回アオダモ植樹祭として、春日井市の社会人、大学、高校、少年野チームの選手365名で61本のアオダモの苗木の植樹を行い、育樹を行っていなす。

 [第1回アオダモ植樹祭]  [中日ドラゴンズ入団した堂上選手と大きく成長した苗木]


05、頓明どんぐり植樹と育樹 (マップ

頓明公園隣接の県有林も東海豪雨で

1,000㎡が崩落しました。
この地に平成19、20、21年の3年間で430本のどんぐり(クヌギ)の植樹を行いました。

クヌギは中部地方には自生が無く、良く似たアベマキが自生しています。
原因は明確には不明で、植栽すると育ちます。
森林公園のクヌギを戴き苗木をつくり今回植樹調査しています。     [平成20年頓明どんぐり植樹祭]  


06、大谷川源流左岸植樹と育樹 (マップ

平成19年3,11月大谷川源流左岸1,500㎡に地元の小学校、近隣の子供達とみろくの森の植生である、ヤマボウシ、ヤマザクラ、ウツギ、シデコブシ等13種の野生種、1,000本を植樹しました。

               [平成19年第1回大谷川植樹祭]

ここは、市道が上を通っていて、不法投棄、ポイ捨てのゴミ捨て場となっていたところを、民間団体としては、異例の占用許可を愛知県尾張建設事務所より貰い整備をしてきました。

[季節になると見事に花を咲かせてくれます]


07、大谷川左岸庄名町植樹と育樹 (マップ

平成23年3月大谷川左岸庄名町160mの堤に第3回大谷川植樹祭として31本のモミジの植樹を行いました。

             [記念写真] 

参加者は春日井市で自然環境の改善に日頃努力している企業、学校、団体等9団体80名でした。

       [緑の少年団高森小学校] 


08、みどりの森づくり (マップ

平成24年3月3日(土)少年自然の家多目的広場北側斜面500㎡にコバノミツバツツジ220本を一般募集の市民親子、企業、団体、新たにみどりの森づくりボランティアとして参加した人達、メンバー総勢100名でおこないました。       [急斜面に大変な植樹]

平成25年3月2日(土)昨年第1回植樹祭を行なった少年自然の家多目的広場北側斜面上方にニシキギ50本、ツリバナ50本、マユミ50本、ヤマブキ50本、クロモジ50本合計250本を、一般募集の市民親子、企業、団体、の人達、メンバー総勢110名でおこないました。     [見事に植樹完了の斜面]

みどりのまちづくりグループ創立10周年、植樹累計3,000本記念として、ヤマザクラ10本を植えました。

みどりの森づくり活動の記録→             活動MAP→