その他

その他      15、竹炭焼き
16、間伐材利活用
17、シデコブシ保全、調査                     
18、稲づくり
19、頓明公園管理
20、藤山台緑地8号草刈り
21、ひまわりプロジェクト
22、学習会
23、小学校出前活動

24、イベント参加


15、竹炭焼き (マップ

竹の間伐材の利活用を行う為に、ドラム缶を利用して窯を作り庄内川上条河畔林で竹炭焼きを行い、春日井市のイベントや体験事業で配布しています。

      [ドラム缶の窯で竹炭焼き]

    [こんな立派な竹炭できました]

竹炭焼き活動の記録→                活動MAP→


16、間伐材利活用 (マップ

その間伐材は資源で「森の恵み」と考えその利活用を図っています。

[シイタケ菌打ち体験]

平成22年はヒノキの間伐材でナメコの栽培に成功しました。

[ナメコ栽培成功]

その他、ヒノキはベンチ、テーブル、丸太の椅子、コースター、スギはハンキングバスケト、木工細工、どんぐりはシイタケ栽培、クラフト、竹は竹炭、竹細工品へ

            [ヒノキのベンチ]   

間伐材利活用活動の記録→              活動MAP→


17、シデコブシ保全、調査 (マップ

シデコブシは東海3県にしか自生していなくて、絶滅危惧種に指定されています

 

[平成19年4月:絶滅寸前のシデコブシ]

春日井市の西尾町の群生地を平成19年4月より県有林事務所の許可を受け中部大学生物応用学科南研究室と協働で保全、調査をおこなっています。

[平成22年4月:見事に開花]


18、稲づくり (マップ

平成19年から春日井市松本町の休耕田2.4反を借り無農薬、有機栽培の稲作を開始、平成22年からは廻間町に移って行なっています。

[6月田植]

もち米は幼児とその保護者と協働で秋には、案山子を立て、スズメ対策を行い、昔ながらのはざがけを行っています。 

 

 [10月稲刈り]  

稲づくり活動の記録→               活動MAP→


19、頓明公園管理 (マップ

平成18年より春日井市明和町地内 頓明公園(3,000㎡)の管理を受託、年間4回の草刈りと毎月の清掃を行っています。

              [すっきりとした公園]

頓明公園管理活動の記録→              活動MAP→


20、藤山台緑地8号草刈り (マップ

春日井市から受託して平成27年から草刈りを行うことになりました。

2,122㎡の広さがあります。

 

         [平成27年6月]

7,8年間放置されて草木がびっしり茂っていた、急な斜面が多い場所です。

 

         [平成27年9月]


21、ひまわりプロジェクト (マップ

ひまわり油の活用を通して福島障碍者を支援するNPO法人「シャローム」の「ひまわりプロジェクト」に参加しています。

            [7月満開]

神屋町の約10a(1反)の休耕地で、ひまわりを栽培し、収穫した種を福島へ送っています。
 

            [9月収穫]


22、学習会

メンバーの親睦と啓発を目的に、森林やみどりのまちづくりの社会見学する学習会を行っています。 

[赤沢天然ヒノキの森]

平成22年は長野県木曽郡上松町の赤沢自然休養林の赤沢天然ヒノキの森、「森林セラピードック」という森林浴と健康診断を組み合わせたリフレッシュ体験、20年は岐阜県加子母村森林組合「美林萬生之不滅」の山づくりを見学しました。    [加子母村森林]


23、小学校出前活動 (マップ

春日井市の坂下小学校学校林のナラ枯れ病にかかったコナラの木を伐採して利用するために、平成24年にシイタケ菌打ちの体験活動始めました。

 

           [坂下小学校]

坂下小学校の校長先生の紹介を受けて、平成27年から西尾小学校でもシイタケ菌打ちの体験活動を実施しています。

 

           [西尾小学校]

小学校出前活動の記録→               活動MAP→


24、イベント参加 (マップ

環境をテーマにしたイベントに参加し、「間伐材は森の恵み」と銘打って、間伐材利活用の体験事業を行っています。

 

      [ヒノキの椅子作り体験]

イベント参加の記録→                活動MAP→